クエリの基本的な作り方

Accessと言えば『クエリ』! 『クエリ』と言えばAccess!
それくらいAccessとクエリは切っても切れない関係にあります。

クエリが自分で自由に作れるようになれれば、かっこいいですよね?

そんなクエリの基本的な作り方をご紹介します。

クエリの基本的な作り方

作成ボタンを押す

 作成メニューを開きます。

 テーブル、クエリ、フォーム、マクロなど様々な作業を行う時にこのメニューを開きます。

「クエリデザイン」を押す


 クエリウィザードからでも作成できますが、判りにくい上に制限が多くあるので、デザインから作成できるようになりましょう。

×ボタンで閉じる→ドラッグ&ドロップでテーブルを追加する

 テーブルやクエリを選択して追加することが出来ますが、おススメしません。×ボタンで閉じましょう。

 代わりにテーブルを左からドラッグ&ドロップで追加してください。

 おススメしない理由は、直感的に操作しづらいことと、テーブルやクエリの数が多くなると「テーブルの表示」から追加する方法は時間が掛かるからです。

 ドラッグ&ドロップで操作する方法に慣れておいた方が良いです。

抽出したい項目をフィールド欄に表示させる

こちらもドラッグ&ドロップで追加することが出来ます。

例えば、社員・年月・売上の3項目をフィールド欄に移して実行ボタンを押すと下記のように、3項目だけ表示される形になります。

元々のテーブルはこんな感じ

このテーブルから、不要な項目を排除し、3つの項目だけ抽出した形になります。

以上で、基本的な作りは完了です。

あるテーブルから、特定項目だけ抜き出したい時はこの方法でできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です