left関数、right関数、mid関数の作り方

今日のテーマはleft関数、right関数、mid関数です。

left関数

例えば上記の年月日の項目で、年だけ取り出したいと仮定します。

年月日の左4文字が「年」にあたりますので、left関数を使います。

left([フィールド名],抽出したい文字数)

と言う形になります。

上記の例では

left([年月日],4)

意味は”年月日”のフィールドの左4文字、です。

実際の使い方はこんな感じですね。
例では、left関数で取り出した項目に「年」という項目名を付けています。

結果、こうなります。

right関数

同様に、右から○文字であれば、right関数を用います。

right([フィールド名],抽出したい文字数)

先の例で、年月日の右から2文字「日」を抽出してみましょう。

right([年月日],2)

mid関数

では、「月」を抽出したい時はどうするでしょうか?

答えはmid関数になります。

mid([フィールド名],左から何文字目を抽出し始めるか,何文字抽出するか)

という形です。

上記の例では

mid([年月日],5,2)

意味は、年月日の項目の5文字目から2文字を抽出する、です。

文字列を整えることは、フィールド同士を紐づけするAccessに於いて、非常に重要な役割を果たします。

ご参考ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です