インポートvsリンクテーブル!どっちで処理した方が良い?

Accessにテーブルは必須ですが、そのほとんどは、外部データを取り込んで作成します。

主に「インポート」と「リンクテーブル」の2種類の取り込み方がありますが、どちらの方が便利でしょうか?

私の見解は「リンクテーブル」の方が便利です。

その理由をご紹介します。

ポイント1:元データとのつながり方

インポートは、元データ(ここではExcelファイルとします)を取り込んでテーブルとする処理。

リンクテーブルは、元データとリンクで繋げる処理です。

各々作成した場合、以下のように見えます。


青枠がインポートで作ったテーブル、赤枠がリンクテーブルで作ったテーブルです。

このアドレスは、元データの場所(どこのファイルとリンクで繋がっているか)を指しています。

青枠のインポートテーブルの場合、完全に独立しているので、このファイルから「元データはどこのファイルか」は分かりません。

つまり、インポートの場合、「どのファイルをどう処理したか」は分からないのです。

これがリンクテーブルの場合、「どのファイルを入れ替えれば良いか」が分かるので、マニュアルが無くても対応可能です。

元データの特定という観点で、リンクテーブルに軍配が上がるでしょう。

ポイント2:データ項目の担保

インポートのイメージを図にすると上記のようになります。

今あるデータを削除し、新しいテーブルを作成しているわけです。

対して、リンクテーブルを用いた運用は上記が通常です。

リンクテーブルをそのまま使うのではなく、①削除クエリ、②追加クエリの2つ経て、作業用テーブルをメンテナンスしにいく運用です。

参考:リンクテーブルを作成する

この2つのやり方で、最も大きな違いは「項目が変わっていることに気付くかどうか」です。

インポートの場合、テーブルを丸ごと入れ替えるので、フィールドの項目が変わっていても気付かずに先に進むことがあります。

そして、作業途中、下手すると作業の最後に項目が変わっていたことに「作業が進まなくなること」で気が付くのです。

当然、最初からやり直しです。

対して、リンクテーブルを用いた方法の場合、作業用テーブルに追加クエリを行う時点でエラーとなります。

必要な項目が無くなっている場合、この時点ですぐに分かるのです。

逆に必要な項目以外が増えていても、作業に影響をきたさないので、普通に今まで通り進めることが可能です。

このようにリンクテーブルの方が仕様変更に気付きやすいと言えるでしょう。

「インポート」と「リンクテーブル」では

  • 元データの特定ができる
  • 仕様変更に気付きやすい

という観点で、「リンクテーブル」の方が便利である、というお話でした。

ご参考下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です