Accessでエクスポートする方法

Accessでデータ処理を行うと、最終的にテーブルやクエリの形にすることになります。

これを別のファイル形式でエクスポート(出力)する方法を覚えましょう。

以下では、Excelファイルで出力する場合と、テキストファイル(txtもしくはcsv)で出力する場合について紹介します。

Excelファイルでエクスポートする

①外部データをクリックする
②出力したいテーブルを選択する(クエリの場合はクエリを選択する)
③Excelにエクスポートをクリックする

④出力する先のアドレスおよびファイル名を入力する
 (参照ボタンから指定しても可)
⑤各チェックボックスは空にしておく(選択しない)
⑥OKボタンを押す

これで一通りの流れは完了です。

この流れで作成したテーブルは、下記のようなエクセルファイルの形で出力されました。

テキストファイルでエクスポートする

テキストファイルとはtxt、csvのファイルが該当します。

txtファイルでエクスポートする

①外部データをクリックする(Excelと同じ)
②出力したいテーブルを選択する(Excelと同じ)
③テキストファイルにエクスポートをクリックする

④出力する先のアドレスおよびファイル名を入力する
 (参照ボタンから指定しても可)
⑤各チェックボックスは空にしておく(選択しない)
⑥OKボタンを押す

⑦区切り記号付きをクリックする

⑧カンマ区切り、先頭行をフィールド名として使う、テキスト区切り記号はダブルクォーテーションを選択する

カンマ区切りで気を付ける点

「300,000」のように、数字にカンマが混ざっている場合、区切るための「,」と混ざってしまうので気を付けてください。

そのようなデータが混ざっている場合は、カンマではなく、タブやセミコロン、スペースなど、フィールド区切りの記号を変える必要があります。

⑨完了をクリックする

これで一通りの流れは完了です。

この流れで作成したテーブルは、下記のようなテキストファイルの形で出力されました。

csvファイルでエクスポートする

csvファイルで出力する場合は、以下のように最後のtxtを、csvに書き換えることで出力を行うことが出来ます。

後の流れはtxtファイルの時と同じです。

以上、Accessで

  • Excelファイル
  • txtファイル
  • csvファイル

をエクスポートする方法でした。

ご参考まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です