日付の関数:Date関数の使い方

Accessでも日付に関する関数が多くあります。
中でもDate関数は利用する場面が多くあるので覚えておきましょう。

使い方次第で、かなり幅広い用途に使えます。

●Date関数

(今日が1月31日の場合)

本日の日付を指定する

Date()

昨日の日付を指定する

Date()-1

明日の日付を指定する

Date()+1

上記では項目として用いていますが、抽出条件として使えますので、この点も覚えておきましょう。

直近1週間

Between Date() And Date()-6

明日以降

>Date()

など、数式と併せて「本日」を基準とした抽出を行うことが出来ます。

毎日抽出される日付が、自動でズレてくれるので非常に便利ですね。

日付への対応については以下の記事もご参考ください。
参考:Accessの日付処理の実例をご紹介! 初級編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です